電解水生成の仕組み

電解水の生成に必要なのは、「水」と「塩」と「電気」だけ。

電解水の生成に特別な原料はありません。必要なのは「水」と「塩」と「電気」だけ。

水道水に含まれているカルキやミネラル、臭気、ゴミ等を軟水器とフィルターを通して徹底的に除去。
この水と塩水を電気分解することにより、「アルカリ性電解水」と「酸性電解水」が生成されます。

denkai001

洗浄&除菌。W効果の電解水。汚れの中に潜む菌も、効果的に除去します。

菌が汚れの中に潜んでいる場合、通常の除菌剤だけでは菌を覆っている汚れにガードされてしまい、充分な除菌効果を発揮することができません。そこで、洗浄力&除菌力、W効果の「電解水」。まず「アルカリ性電解水」で、細菌の温床や臭いの元となるたんぱく質・油脂汚れを分解洗浄。その後「酸性電解水」で菌を除去します。

ess-02

食中毒や施設内感染の対策に。電解水を洗濯水として使用した際の除菌効果

酸性電解水に含まれる次亜塩素酸が高い除菌効果を発揮し、洗濯しながら除菌します。

ess-03

酸性電解水が食中毒の原因となる大腸菌やサルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ菌などを除菌します。

ess-04

| 電解水生成の仕組み | 電解水だからできる8大特徴 | 様々なシーンでの活用 |


電解水衛生環境システム守る水のページへ


東北工業建設(株)は株式会社テックコーポレーションの電解水衛生環境システムの正規販売店です。
製品の詳細については、以下のページをご参照下さい。
【株式会社テックコーポレーション:製品紹介ページ】
●電解水衛生環境システム「守る水」:http://www.techcorporation.co.jp/product/ess/pro3_index.html


ページトップへ